幹事の皆様お助けします!国内最大級の景品ネットショップ「景品応援団」

忘年会の準備、はじめましょう!おすすめの景品は?

こんにちは、国内最大級の景品ネットショップ、
幹事様のお助け隊!カンタンおまかせ!景品応援団です!
本日は「二次会の景品の目玉商品」についてお話し致します。

秋に入ると、年末まであっという間ですよね。さぁさぁ、しっかり者の幹事さんはもうお分かりですよね。
今年もこの季節がやってまいりました!そう、「忘年会」シーズンの到来です!
この時期から準備をはじめる幹事さんは頭が良い!1年間の労をねぎらい、会社全体で楽しく笑顔で1年を締めくくることを目的とする忘年会は楽しいイベントのひとつですが、幹事さんにとっては気を遣うことも多く、頭を悩ませる仕事でもあります。今からしっかり計画を立てて準備しておけば、忘年会会場が微妙になったり、景品がうまく揃わなかったりすることなく、スムーズかつ円滑に進行することができるでしょう!
今回は忘年会までの準備ポイントとおすすめの景品をご紹介いたします!

忘年会準備 何からはじめれば良い?
忘年会の幹事さんは前日までの準備も、当日と同じくらい大事なお仕事です。ポイントをおさえて段取り良く準備していきましょう!

①日程・日時を決めて、会場を予約する! 
一般的な会社の忘年会は12月なので、幹事さんの準備は10月下旬から始めておくのが理想的です。たいがい、多くの会社は11月に会場となるお店の予約をし始める傾向にあるので、スタートダッシュをかけるためにも早めに日程を決めて、会場を予約しましょう。念のため、会場を一度下見しておくこともおすすめします。ネットで見て広いと思っていたところが行ってみると狭かった・・なんてこともありますからね。

②当日の進行を考える! 
挨拶や乾杯は誰にお願いするのか、ゲームや余興はやる?景品は?など、当日の様子を時間軸で考えながら当日の進行を決めていきます。挨拶をお願いする方には事前に依頼をして伝えておきましょう。時間、内容(ゲーム・余興)、担当者名(肩書き)を記入して進行予定のタイムテーブルを作成しておくと、全体の流れも把握でき当日の進行が順調にいきます。挨拶の時間が伸びてしまった・・などのアクシデントもタイムテーブルがあると調整もしやすく便利ですよ。

③予算を立てて会費を決める! 
お店の1人当たりの飲食代と、余興の道具や景品の準備金をたたき出し、1人当たりいくらの上乗せが必要か、予想人数も踏まえて、予算を組みます。例年どんな感じで開催されているのかを参考にしながら決めていくとやりやすいかもしれませんね。少し多めに予算を立てておくと不足分を忘年会後に回収・・・なんて失敗を避けられますよ。また、可能であれば当日までに会費を集めておくと当日の受付でバタつくこともなくなるのでおすすめです。

「景品」は必要不可欠!必ず盛り上がります!
忘年会の進行内容や予算を考える上で、まず外してはいけないのが「景品」です。「時間がないからゲームの時間を端折って景品はなしにしよう。」「会費を安くするため景品に予算を当てられないから、景品はなしにしよう。」など、このような考えはとっても危険!これではパーッと盛り上げて楽しく1年を締めくくる忘年会ではなく、ただの飲み会になってしまいます。せっかくの忘年会、参加する人達もいつもの飲み会とは違った雰囲気や盛り上がりを期待しているので、その期待を裏切ることのないようにメリハリをつけていきましょう!景品があるゲームとないゲーム、どちらが興奮しますか?どちらが楽しめるでしょうか。参加者の中には来る前から景品が何かを楽しみに参加する人も少なくありません。景品をかけたゲームでワワワーッとテンションを上げ、会社のみんなで盛り上がる感覚は一体感があり、会社の絆を一層深めてくれます。
やはり、「景品」は必要不可欠なのです!予算の節約のために景品を削ってしまうと、盛り上がるパワーも削られてしまいますよ。

忘年会で人気の景品は「誰が当たっても喜ばれるもの」
忘年会の景品を選ぶ時は、「誰に当たってもみんながもらって嬉しいもの」を念頭に置いて選ぶのがおすすめです!会社の忘年会となると、男性も女性も20代から50代までと幅広かったりするので、できる限り、メインとなる目玉景品は誰に当たっても喜んでもらえるような定番ものをチョイスすると良いでしょう。
・ディズニーペアチケット
・ペア温泉旅行券
・高級グルメ(ブランド肉・カニ等)
以上のような景品は、忘年会はもちろん、結婚式の二次会景品としても人気が高く、大好評でございます!喜んでもらえそうなもの、盛り上がりそうなものを選ぶには、まず参加者の雰囲気を見極めるのが大事!会社の雰囲気や空気感を読み取って、参加者をしっかり観察してから決めましょうね。

いかがでしたか?
幹事に任命されて「やだな、面倒くさい。」と後ろ向きに思っている人も多いのではないでしょうか。
何かと大変な幹事のお仕事ですが、やりきった後は今まで交流があまりなかった上司とのコミュニケーションが円滑になることもあり、悪いことばかりではありませんよ。自身の評価を上げるチャンスだと、前向きに捉えて、みんなが満足してもらえるような忘年会を成功させちゃいましょう!
次回は、忘年会景品の選び方のポイントをもう少し詳しくご紹介いたしますね!

景品応援団は、忘年会の幹事様を景品の面から応援します。

→ 景品応援団で二次会の景品を探してみる

関連記事

ページ上部へ戻る
TOPへ