幹事の皆様お助けします!国内最大級の景品ネットショップ「景品応援団」

忘年会!盛り上がるおすすめゲームと人気景品

こんにちは、国内最大級の景品ネットショップ、
幹事様のお助け隊!カンタンおまかせ!景品応援団です!
本日は「忘年会でおすすめのゲームと人気景品」についてお話し致します。

忘年会の幹事さんは、会場選びや食事、余興やゲームの内容まで決めることややることが盛りだくさんですよね。さて、11月も半ばに入る今日この頃、準備は順調でしょうか!?
会社の規模にもよりますが、普段の飲み会とは違って人数も多く、年代も20代~50代と幅も広いと思います。そんな中、「盛り上がるゲームをして景品をプレゼントする予定だけど、どんなゲームをしたらいいのか分からない。」「若者から年配の人まで分かりやすく楽しめるゲームって何?」「景品はどんなものが喜ばれるの?」と頭を悩ませている幹事さんはいませんか?
本日は、大人数でできて、ルールが簡単な誰からも分かりやすいゲームと、人気の景品をご紹介いたします。

忘年会のゲームで盛り上がるものは?
忘年会でのゲームは、できる限り準備が必要なく、ルールが簡単で、大人数で盛り上がれることが大事なポイントになってきます。ルールが分かりにくいものだと、ルール説明に時間がかかり、それでも分からない人はゲームの参加を諦めてしまう場合もあるので注意しましょう。

○「ビンゴ大会」
忘年会のゲームの定番ともいえるのが、「ビンゴ大会」ですね。定番のゲームとあってルールを分かっている人が多く、進行が楽という点からもおすすめです♪多くの会社でビンゴ大会をしている傾向にあるようです。ルールは、縦・横・斜めのいずれかの1列並びで、あと1個揃う状態で「リーチ!」、あと1個が揃ったら「ビンゴ!!」というもの。大人数でも十分盛り上がることができるので、景品獲得を目標にみなさん一生懸命に参加してくれますよ。
景品応援団では、ご注文いただいたお客様へ「ビンゴゲーム機&ビンゴカード」をプレゼントしています!ぜひ、ご活用ください♪

○「内輪ネタクイズ」
会社の忘年会だからこそ楽しめるのが、「内輪ネタクイズ」!社員全員がプッと笑えるような、会社にいる仲間だけが分かる問題にすることがポイントです。事前に社長や部長、課長のおもしろ情報を収集しておき、それを使ったクイズを司会者が出題します。例えば、「社長の口癖は?」「部長の今年の夏休みに行った旅行先は?」など。その他にも「社訓を間違えずに言える人いますか?」「会社の自動販売機の一番右上にある飲み物は?」など、見ているはずで思い出せそうなのに思い出せないという問題もおすすめです♪意外な人が正解だったりするとそこでも盛り上がり、会社の輪もグッと強くなりますよ♪

○「100円争奪じゃんけん」
これは盛り上がります!参加者全員が100円玉を持った状態でスタート!近くの人とじゃんけんをして勝った人は負けた人から100円をもらいます。負けた人は持っている100円を全て渡します。これをどんどん繰り返していって、最後まで勝ち抜いた人が勝者!集まった100円玉を景品としてゲットできるというものです。50人の参加者であれば5,000円!また、司会進行が得意な場合、「社長や専務など役員職の人はスタート金額1,000円でいかがでしょうか?」などとゲームの前に賞金アップを企んで盛り上げるなんてのも面白そうですね♪

忘年会のゲームは、ゲームそのものの内容も重要ですが、ゲームの司会進行も盛り上がるためには非常に大切になります。盛り上げるコツは、進行を焦らないように落ち着きつつも、オーバーリアクションではっきりとした声で話すことです。当日は、アルコールの勢いもあったり会場の時間の問題もあります。イレギュラーは付き物で何が起こるか分かりません。事前にしっかりと進行の把握をして、状況を見ながら微調整していきましょう。

忘年会でもらって嬉しい人気の景品!
なんといっても、忘年会で一番盛り上がるのは、景品です!「なにそれ!欲しい!」「ずっと欲しかった!」と言ってもらえるような景品を選びましょう!景品全てに力を注ぐことはありません。みんなが注目するのは、目玉景品と呼ばれる、1位~3位くらいまでの高額景品です。そこをたくさんの人から評価されれば、忘年会の成功が見えてきます。たくさんの人に景品がいきわたるようにと1つ1つの予算を下げてしまうよりも当たる人は少なくても、当たったら超ラッキーと感じられる超豪華景品を用意しておくと会場が燃え上がりますよ!
目玉景品のポイントは「誰からも喜ばれるもの」「欲しくてもなかなか自分では購入しないもの」「旬なもの」といったところでしょうか。ディズニーペアチケットや温泉ペア宿泊券、高級ブランド牛や豪華海鮮、お掃除ロボットのルンバなどは、忘年会の目玉景品として定番アイテムとなっています。
目玉景品とは離れますが、他にも参加賞として宝くじを配るというのも忘年会の定番になっているようです。

忘年会に向けての準備はここからが本番です!当日が過ぎるまでは緊張と不安でハラハラですよね。しっかりと把握、準備をしてイメージトレーニング!思いっきり自分を盛り上げて当日を乗り越えてください!忘年会を終えた後の達成感はなんともいえない気分のはずです!

景品応援団は、忘年会の幹事様を景品の面から応援します。

→ 景品応援団で二次会の景品を探してみる

関連記事

ページ上部へ戻る
TOPへ