幹事の皆様お助けします!国内最大級の景品ネットショップ「景品応援団」

ご祝儀袋の選び方

結婚式用ご祝儀袋を用意しなくては」と思い店頭やネットで祝儀袋を見てみると、水引と呼ばれる飾り用の紐が豪華なものや、現代風にデザインされているものなどいろいろな種類があり、どれを選べば良いものか悩んでしまうもの。

今回はそんな時に役立つ失敗しないご祝儀袋の選び方をご紹介します。

ご祝儀袋の売り場
ご祝儀袋の売り場を見ると、なんだか色々あってどうしたらよいかわからないけど、この記事を読めばもう安心です!

1.結婚式のご祝儀袋は「結び切り」でないと失礼

結婚のお祝いには「結び切り」のご祝儀袋を選びましょう。ご祝儀袋には、複雑な結び方をしているものと、一般的な蝶結びをしているものがあります。このふたつのうち、難しい結び方をしているのが「結び切り」です。

ご祝儀袋

いっぽうの「蝶結び」は、ほどいてまた結びなおすことができるために「何度でも」と言う意味がこめられており、「何度お祝いしてもおめでたいもの。」として捉えられます。そのため、何度もお祝いしたいものである出産や入学祝いなど、一般的な慶事に使用するものです。

結婚は何度もお祝いすることはできることなら避けたいもの。なので結婚祝いに蝶結びの水引は失礼にあたってしまいます。
結婚式の祝儀袋は結び目がものすごく複雑で、どうみてもほどくことができなさそうな「一度だけお祝いすることが一番おめでたい」ものと捉えられる「結び切り」を使いましょう。

syugi-bukuro-2
売り場のご祝儀袋を見てみても、なんだか複雑な結び方をしているものが多いと思います。これが「結びきりの水切り」というものです。

2.金額に見合ったご祝儀袋を選ぼう

ご祝儀袋の種類については包む金額や相手に応じて失礼にならないようなご祝儀袋を選ぶことが大切なポイントです。中に入れる金額が高くなるほど、ご祝儀袋も豪華なものを選びます。おおまかな目安としては、送る金額の100分の1程度の値段の祝儀袋を選びましょう。

たとえばご祝儀の金額が3万円程度なら300円、5万円ならば500円といった具合です。

それでは、いくつか代表的なタイプのご祝儀袋をご紹介します。

オーソドックスタイプ

祝儀袋オーソドックス

3~5万円包むのに適したもっともオーソドックスな祝儀袋。会社関係や親族、目上の方の式などに適しています。

カジュアルタイプ

祝儀袋カジュアル

友人や会社の同僚、後輩の式に適した祝儀袋。個性が伝わって楽しい反面、目上の方の式には礼を欠くこともあるので注意が必要です。

格式の高いタイプ

祝儀袋5万以上

5万円以上包む格の高い祝儀袋。水引で鶴亀を図案化したものなど10万円程度を包むときに適しています。

また、ご祝儀を持っていく人に合わせたという観点で、男性向けや女性向けといったご祝儀袋もあるようです。
syugi-bukuro-men
こちらが男性向けに用意されたご祝儀袋。スーツの内ポケットに入るというキャッチフレーズもおもしろいですね。

3.包み方のマナーにも気をつかおう

祝儀袋の裏側は「慶び・幸せを受けますように」との意味をこめ、上向きに折り返した方を外側にして水引を掛けるのがルールです。水引が印刷されている祝儀袋の場合も、重ね方は同じです。逆に重ねてしまうと不祝儀(葬儀)の折り方になり、失礼になるので注意してください。

ご祝儀袋2

ご祝儀袋の大事なポイントまとめ

  • 結婚式のご祝儀袋は「結び切り」でないと失礼
  • 金額に見合ったご祝儀袋を選ぼう
  • 包み方のマナーにも気をつかおう

このように、これらの大事なポイントをふまえ数ある祝儀袋から自分に適したものを選び、結婚をお祝いしてくださいね。

景品応援団は、二次会の幹事様を景品の面から応援します。

→ 景品応援団で二次会の景品を探してみる

関連記事

ページ上部へ戻る
TOPへ